今回紹介するボードゲームはゲムマ2019秋で購入した『インザルーイン』です。

古代遺跡の探索をテーマとしたパズルゲーム。
各プレイヤーが個人ボードに書き込んでいく、いわゆる『紙ペンゲーム』となっています。

こんな人にオススメ!

  • パズルゲームを探している
  • 『古代遺跡』なテーマが好き
  • ボードゲーム『パッチワーク』が好き


目次

スポンサーリンク


インザルーインとは

プレイヤーは古代遺跡に隠された神秘の宝石〈クリスタル〉を求める探索者です。
訪れた者それぞれに対して違った形を見せるこの謎の遺跡に挑みましょう。
より多くの宝石を見つけ遺跡の姿を明らかにし無事に生還できた者が勝者です。  
フダコマゲームズ

探索者となり遺跡に眠る宝を探して脱出するゲーム。

『パッチワーク』のようにマップをピースで埋めていくパズル形式となっています。

その上で『遺跡が崩壊する前に脱出する』というチキンレース的な要素と、『他プレイヤーより先にお宝を見つける』という早いもの勝ちの要素がいい感じに織り混ざっているゲームです。

パッケージ

パッケージイラスト パッケージイラスト

遺跡と探検者が描かれたイラスト。
古代遺跡の神秘的な雰囲気が出ててめっちゃ素敵です。
僕がこの作品を買った一つが、この『イラストの雰囲気の良さ』だったり。

ゲームの説明

ゲームは大きく『前半ステージ』と『後半ステージ』にわかれています。
とは言え、やることはほとんど一緒。

全プレイヤーが同時に、以下の手順を繰り返すことでゲームが進みます。

  1. 公開されている探索カードに記されたピースに合わせて、個人ボードに<通路>または<壁>を描く
  2. 1で使用した探索カードに書かれた数だけ探索者コマを移動させる
  3. 移動先が<目的地>だった場合、宝石を獲得する
  4. (後半ステージのみ)移動先が出入口だった場合、遺跡から脱出できる
  5. 新たに探索カードを公開する

かなり大まかですがこんな感じ。
詳細なルールに関しては公式の方から提供されているので、そちらを参照しましょう。

簡単なルール説明(チュートリアル)

説明書

個人ボード

個人ボード 個人ボード

各プレイヤーに配られる個人ボード。
これにピースを書き込んでいくことで遺跡が作られていきます。

上記写真はゲムマ予約特典として貰えた『書き消しできるボード』ですが、通常は紙製で大量に入ってます。
おそらく無くなることはないはずですが、めっちゃ遊ぶ場合はコピーしたり数枚をラミネート加工したりすると良いんじゃないかなと思います。

<通路>と<壁>

<通路>と<壁> <通路>と<壁>

ピースを書き込む際は<通路><壁>のどちらかを選択して描きます。
上記写真で言えば○で描かれているのが<通路>、■で描かれているのが<壁>ですね。

名前のとおりですが、<通路>の上しかコマを進めることができません。
「全部<通路>でいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、<通路>は連続した2×2マスに描くことができないという制約があります。

そのため<壁>をどのように作るかが重要です。

探索カード

探索カード 探索カード

ピースが書かれたカード。
ゲーム開始時に各プレイヤーに2枚配られ、それを元に最初の<通路>(壁)と<目的地>が決まります。

<目的地>は探索カードの右下に描かれたアルファベットの場所に設定され、そこに行くことで宝石=10勝利点が得られます。

目標カード

目標カード 目標カード

ゲーム終了時に、目標カードに書かれたアルファベットの地点が<通路>で繋がっていれば15勝利点を得られます。

1プレイヤー5枚まで目標カードを所持できるため、最高で15×5=75点分となります。

プレイした感想(ソロ)

現状ソロでのみプレイしているので、ソロプレイについての感想になります。

隙間なく埋めるのが楽しい!

インザルーインでは、ステージ終了時にボーナス点として『記入済みのマスで作れる四角形の面積に応じて』得点が貰えます。
真ん中あたりに空白があると貰える点が減ってしまうため、「どのようにピースを配置すればキレイに掛けるか」というのが思った以上に大きく影響してきます。

「隙間なく埋めたい」タイプの人間としては、これがめっちゃ楽しい!
苦手な人は苦手かもしれませんが…

終盤のギリギリ感

終盤になればなるほど、ピースを埋められる場所がなくなっていきます。
(ピースが置けない場合は、ペナルティとして−10点)

いつまで宝石を探すのか、どのように通路を繋げれば早く脱出できるか、ということを考えながらギリギリを攻めていくのが緊張感あっていいですね。

プレイした感想(マルチ)

キッチリ埋めるのか、宝石を狙うのかというジレンマ

前述したとおり、ピースをキレイに埋めれれば高得点にはなります。
しかし、埋めようとすることで<目的地>に到達できず、他プレイヤーに先に宝石を取られてしまう恐れも。
宝石を取られた<目的地>が<通路>になっていなかった場合は<壁>となって妨害されてしまうため、先に宝石を取られるのは結構痛手です。

そのため、ピースをキレイに埋めるのか、早く宝石を取りに行くのかというジレンマがいい感じに発生します。

優柔不断が命取り

先の点に通じるところではありますが…。
ある程度方針を立てて<通路>を書いていくのが大切です。

<目的地>が散らばった時に「こっちも取りたいしあっちも取りたい」と通路を伸ばしていくと、「あっちの宝石を諦めてこっち側を伸ばしていこう」と考えているプレイヤーに先に宝石を取られてしまいがち。
そのため、優柔不断にならないようにするのが大事でしょう。

他プレイヤーが獲得した宝石の位置で相手の方針はなんとなくわかるので、その相手の方針と被らないようにしつつ計画を建てるのが良さそう。


まとめ

こんな人にオススメ!

  • パズルゲームを探している
  • 『古代遺跡』なテーマが好き
  • ボードゲーム『パッチワーク』が好き

ピースを埋めていく感じは『パッチワーク』にとても似ています。
『パッチワーク』のパズル感が好きな人なら、『インザルーイン』も間違いなく楽しめるでしょう。

パズル系は得意・苦手がはっきり出てしまう印象がありますが、ガチガチなパズルという感じではないのでまだ比較的手が出しやすい部類ではないでしょうか。